CATEGORY

時代小説

  • 2020年12月19日
  • 2020年12月19日

小説『八朔の雪 みをつくし料理帖』のあらすじ&感想【料理・人情・あたたかな涙】

涙で潤んだまま本を閉じ、あたたかな余韻に浸ってしまう。 そんな読後感でした。 涙で文字が滲んでしまうことが何度もありました。 主人公をとりまく人々の優しさに心がじんと温かくなり、一緒に主人公を見守り一緒に涙してしまうのが小説『八朔の月 みをつくし料理帖』です。 作者は高田郁さんで、2009年5月に第 […]

  • 2020年11月19日
  • 2020年11月21日

司馬遼太郎『尻啖え孫市』のあらすじ&感想【戦国一の鉄砲使い!】

紀州雑賀(サイカ)という聞き慣れない土地に住む地侍集団。 日本一と謡われた鉄砲の数と腕を武器に、各地の大名に金で雇われた「戦国一の傭兵集団」、その親玉が本作の主人公・雑賀さいか孫市まごいちです。 織田信長、豊臣秀吉という天下人に真正面から抗った傭兵集団の頭目とは如何なる人物なのか、歴史好きならずとも […]

  • 2020年11月15日
  • 2020年11月14日

北方謙三『破軍の星』のあらすじ&感想 【動乱の世に咲く若き天才】

ハードボイルド小説の大家、北方謙三が手掛け人気を博した通称「北方太平記」シリーズの一作、『破軍の星』は南朝方の若き天才・北畠顕家の一生を描きます。 「太平記」で知られる南北朝時代。足利尊氏や楠木正成といった著名な武将は居るものの、どうもイマイチとっつきにくい時代という印象がある事は確かですね。 この […]

  • 2020年11月1日
  • 2020年11月1日

小説『関ヶ原』のあらすじ&感想 【天下分け目の物語!】

壬申の乱。壇ノ浦の合戦。桶狭間。 数多ある日本の合戦のなかでも、その壮大さに置いて正しく「天下分け目」と言っても良いのが「関ヶ原の合戦」でしょう。 日本中の全ての大名が参加したと言っても過言では無く、間違いなく日本の歴史のターニングポイントの一つとなった関ヶ原。 その関ヶ原に挑んだ各地の武将達の思惑 […]

  • 2020年10月22日
  • 2020年10月28日

小説『竜馬がゆく』のあらすじと感想 【説明不要、不朽の名作!】

日本を代表する小説家、司馬遼太郎氏。 彼が書いた小説ランキングで必ずと言っていいほど上位にランキングされる不朽の名作、『竜馬がゆく』が今回ご紹介する小説です。 本作を読んだ小説好きで「つまらない」という感想を述べた人間を、私は1人も知りません。 本作が世に出るまで、「無名」と言ってもよかった1人の青 […]

  • 2020年10月21日
  • 2020年10月22日

小説『のぼうの城』のあらすじ&感想 【天下相手の大戦!】

「忍の浮き城」の異名を持つ、関東七名城の一つ、武州・忍城。 今の埼玉県行田市に存在した城です。 この城を舞台にした「忍城の戦い」をテーマにした小説が『のぼうの城』です。 以前にご紹介した『忍びの国』の作者、和田竜氏の小説デビュー作です。 天下統一を目前にした豊臣秀吉軍2万。これに対抗する忍城軍はわず […]

  • 2020年10月12日
  • 2020年10月22日

小説『壬生義士伝』のあらすじ&感想【“誠の武士”渾身の一生】

始めにお断りしておきます。 『壬生義士伝』 この小説は決して電車の中で読まないで下さい。 人の目の有るところでは読まないで下さい。 号泣します。 涙と鼻水が止まらなくなります。 『鉄道員(ぽっぽや)』で日本中を感涙の渦に巻き込んだ「泣かせ屋」浅田次郎氏の初の時代小説にして渾身の一冊。 様々な語り部に […]

  • 2020年10月11日
  • 2020年10月28日

小説『燃えよ剣』のあらすじ&感想 【剣に生き、剣に死んだ男の物語!】

今回ご紹介する小説は『燃えよ剣』です。 あらすじと感想を交えつつ、その魅力をお伝えしていければと思います! かつては栗塚旭さん、役所広司さん等の名優が演じ、今年(2020年10月6日現在公開日未定)は岡田准一さんが演じる幕末イチの伊達男。 武州多摩が生んだ無類の喧嘩師にして、新撰組「鬼の副長」こと土 […]

  • 2020年10月6日
  • 2020年10月28日

小説『坂の上の雲』のあらすじ&感想【本日天気晴朗ナレドモ波高シ】

今回ご紹介するのは司馬遼太郎氏による不朽の名作『坂の上の雲』です。 「まことに小さな国が、開化期を迎えようとしている」 極東の小さな島国で産声をあげた日本という国家が、列強に学びながら日清・日露という二つの大戦を乗り越えて成長していく明治という時代。 産経新聞夕刊に1968年4月から1972年8月ま […]

  • 2020年10月2日
  • 2020年10月22日

小説『忍びの国』のあらすじ&感想 【“破天荒”とはこの事!】

痛快無比、奇想天外、破天荒。 この時代小説を表すならそんな言葉がぴったり来ます。 時は戦国、場所は「虎狼の国」と呼ばれた隠し国・伊賀。 この伊賀の国で起きた天正伊賀の乱を時にシリアスに、時にコミカルなタッチで描きます。 作者はあの「のぼうの城」で一躍ヒットメーカーとなった和田竜氏。 嵐のリーダー・大 […]

>ブログを観覧くださった方へのお願い

ブログを観覧くださった方へのお願い

当ブログはネタバレを排して小説や漫画の魅力をお伝えすることで、皆さまと作品との新たな出会いの場となることを目指して運営しております。 よって記事内では作品のことだけに没頭して頂きたいと考え、多くのブログやサイトで見られる自動広告を掲載していません。 もし皆さまのお役に立てたあかつきには、少額で構いませんのでAmazonの投げ銭機能にて支援をお願いできないでしょうか? Amazonギフト券を利用して、15円以上から投げ銭して頂けます。 Amazonで買い物するのと同じ要領ですので、すでに会員の方ならお手間にならないと思います。(処理はAmazon上で行われるので、皆さんのアカウント情報等を僕が知ることはありません。贈り主のお名前も本名でなくてOKです) 送り先のメールアドレスは、 『ennagesen@gmail.com』 です。 頂いた投げ銭はブログ運営や新たな小説や漫画の発掘など、活動資金とさせていただきます!

CTR IMG
error: Content is protected !!