• 2020年11月14日
  • 2020年11月14日

【ラノベ作家厳選】おすすめのファンタジーライトノベル【5ジャンル別】

ラノベ(ライトノベル)のファンタジー作品って良いですよね…。 作品ごとに独自の世界観を気軽に楽しむことができます。 しかしファンタジーラノベはあまりに作品数が多すぎて、どれから読むのか迷いものではありませんか? そこで今回はラノベファンタジーを自分でも書いているプロ作家志望の僕が、コレだと思うおすす […]

  • 2020年11月13日
  • 2021年2月11日

掌編【P.C.】ふたり分の足音〈ハル・ラウ〉

オリジナル小説『PlanetCharmos(プラネット・カーモス)』の掌編小説です。 自宅で迷子になってしまったハルを、ラウが助けに訪れます。 登場人物紹介 冷静沈着。ちょっと天然。【木崎ハル】     種族:ヒト族 年齢:17歳 身長:173cm 好きなもの: 凪やラウの世話を焼くこと(逆に世話を […]

  • 2020年11月12日
  • 2020年11月18日

小説『シャーロックホームズの冒険』あらすじ&感想【推理小説No.1】

推理小説の元祖であり、バイブル。名探偵といえばこの人ですよね。 そうです、その人の名前は、 “シャーロック・ホームズ” 誰もが一度は、耳にしたことがあるのではないでしょうか。 シャーロック・ホームズの生みの親は、アーサー・コナン・ドイルです。 彼は、1859年生まれのイギリス育ち。作家であり医者でも […]

  • 2020年11月11日
  • 2020年11月11日

池井戸潤『民王』感想&あらすじ【入れ替わりストーリーが面白い!】

新しく首相に抜擢された男は、漢字も読めないポンコツだった? 民王はあの『半沢直樹』シリーズや『下町ロケット』などを手がけた、池井戸潤さんの作品です。 特に半沢直樹シリーズは社会現象にもなったほど、知っている方も多いのではないでしょうか。 そんな池井戸潤作品のなかでも異色を放つのが本作『民王』。 『民 […]

  • 2020年11月9日
  • 2020年12月9日

小説『青春ブタ野郎シリーズ』を読む順番【非ネタバレのあらすじ付き】

ここでは小説『青春ブタ野郎シリーズ』の内容・読む順番について、ネタバレ抜きのあらすじを含めてご紹介していきます! さて、やたら目を引く珍妙なタイトルですが、ご安心ください。 ジャンルは「SF+青春もの」な至極まっとうな作品です!(笑) こちらは、電撃文庫刊行、鴨志田一『青春ブタ野郎はバニーガール先輩 […]

  • 2020年11月8日
  • 2020年12月6日

【おすすめ小説】読書家ライターたちが選ぶ人生の3冊【ジャンル不問】

当ブログ『袖振り合う一冊』は、ネタバレなしでおすすめの小説や漫画をご紹介することで、ブログ読者の皆さまが新たな1冊と出会えることを願って運営されています。 記事を書いているのは運営者の葛史くずみエンと、ご協力頂いている読書が大好きなライターさん方です。 この記事では、そんな僕たちが「これまでの読書家 […]

  • 2020年11月8日
  • 2020年11月13日

掌編【P.C.】異種閑談-ヒトと鬼とエルフと-

オリジナル小説『PlanetCharmos(プラネット・カーモス)』の掌編小説です。 異種族の3人がカフェで閑談しているようですが? 登場人物紹介 冷静沈着。ちょっと天然。【木崎ハル】     種族:ヒト族 年齢:17歳 身長:173cm 好きなもの: 凪やラウの世話を焼くこと(逆に世話を焼かれるこ […]

  • 2020年11月8日

『声優ラジオのウラオモテ』のあらすじ&感想【相性最悪の二人でラジオ?】

『声優ラジオのウラオモテ』は二月公先生による作品。 第26回電撃小説大賞にて”大賞”を受賞してます。 二人の女子高生声優が主人公です。 プライベートでは仲の悪い二人が、一緒にラジオパーソナリティを務めることになりますが。 当然、仕事では”仲の良いフリ”をする必要があって…? けっこうな悪態をつきなが […]

  • 2020年11月7日
  • 2020年11月6日

『伊豆の踊子』のあらすじ&感想【ピュア&切なさ100%!】

これぞ究極の青春小説! 川端康成が19歳の時に実際に体験した、伊豆旅行での旅情を元に書かれた、言わずと知れた名作です。 今までに6回も映画化され、ヒロイン役に吉永小百合さん、山口百恵さん、テレビドラマでは後藤真希さんと名だたる女優が名を連ねています。 「純文学ってなんだか難しそうで、抵抗あるなあ・・ […]

  • 2020年11月6日
  • 2021年2月14日

小説『ペンギンハイウェイ』のあらすじ&感想【少年の探求と淡い恋】

ぼくはたいへん頭が良く、しかも努力をおこたらずに勉強するのである。 だから、将来はきっとえらい人間になるだろう。 森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫)より なんとも自信にあふれた独白で、この物語は始まります。 森見登美彦の長編SF小説『ペンギン・ハイウェイ』。 第31回日本SF大賞受賞作品 […]

error: Content is protected !!